【iPhone5 カーネルパニック修理】  大阪府 豊中市 T様

2014年3月19日 Posted in iPhone 5 Posted in パーツ交換
IMG_2400.JPG
iPhone5の画面に変な文字が出て起動しなくなったとご来店です。
でました!カーネルパニック!久しぶりに見ましたです。
Windowsでいうブルーバックみたいなものですが、iPhoneではほとんど見ることはない珍しい症状です。
このカーネルパニックは、一般的にはロジックボードの故障、iOSのバグということで片づけられがちで、我々のような修理業者ではアップルストアでの機種交換を薦められるケースが多いと思います。
この状態だとパソコンにiPhoneを繋いでも、iTuneがiPhoneを認識してくれませんからiOSの復元もできませんし・・・。

IMG_2401.JPG
とりあえず本当にカーネルパニックの原因がロジックボードかどうか確認するために、他のiPhoneにロジックボードだけを移植してみたところなんとあっさり起動するではありませんか!
それではと、各パーツを調べて行くと、わかりました!フロントパネルに付いている写真の部品が原因でカーネルパニックを引き起こしていたのです。
この部品は、フロントカメラ・近接センサー・イヤスピーカーへ信号をバイパス機能がある部品です。
念のため、このお客様の問題のパーツだけを他のiPhoneに移植してみると、もののみごとにカーネルパニックを引き起こしてくれました。

お客様のiPhoneも、このパーツを交換して無事修理完了!何事もなっかたように普通に動くようになりました♪
「大事なデーターが入っていたのでほんま助かりました、ありがとうございます。」と何回も感謝のお言葉をおっしゃってお帰りになりました。

大阪 池田のiPhone修理・カスタム専門店
Smartphone Cure -スマートフォンキュア-

フリーダイヤル 0120-830-580
http://smahocure.com/

トラックバックURL: